大阪を中心に風俗営業許可業務を行っている行政書士事務所。風俗許可の実績多数
風俗営業新規許可、管理者等の変更届出、性風俗特殊営業開始届出、飲食店営業許可等


大阪行政書士・行政書士雨堤孝一事務所・大阪市北区・業務エリア(大阪&兵庫&京都、案件によっては全国対応)風俗営業許可・十三・梅田・兎我野町・太融寺町・西中島・曽根崎・淀川


 現在のページ  行政書士雨堤孝一事務所    業務案内
                           風俗営業許可    風俗営業許可変更届・変更承認・廃止

風俗許可に関する変更承認及び変更届
風俗営業許可を受けて営業する場合は、許可の内容に変更が生じる場合は事前に変更に関する承認を受けなければなりません。(変更内容が軽微な場合は事後の届出でも可)。
変更に関する手続が必要な場合の一例

・申請者(法人の場合は役員も)及び管理者の住所、氏名、本籍、電話番号
・管理者の変更
・営業所の名称
・電話番号の変更
・客室レイアウトの変更
・照明器具の変更
・TVモニターやスピーカーの変更
・営業の内容
・ダンスフロアの面積変更
その他各種変更を行う場合は事前にご相談下さい。

無届での構造変更(二期工事)は違反になります
無断で照明器具の設置やその他構造の変更を行うと厳しく罰せられます。最近では取締も厳しくなっており電球1つ増えていただけでも構造変更違反として摘発されるケースもあります。必ず構造等の変更を行う際は警察署への届出が必要です。
また、許可の種類によっては法律的に変更そのものが禁止されているものもあります。構造変更をお考えの方は当事務所までご相談ください。

変更承認申請
壁の新設、移設、撤去や客室の面積に変動が生じるような客室レイアウトの変更などの場合には、事前に変更承認を受ける必要があります。変更の内容によっては一時的に営業を休止する必要もあります。なお、変更承認が必要な場合にこれを怠ると、変更承認違反となり営業許可の取消処分となりますのでご注意下さい。

管理責任者変更届をお忘れなく
お店の管理責任者が変更になった場合には届出が必要です。新規許可取得に際に店長等を管理責任者として警察署に提出している場合が一般的ですが、退社等により不在となっていても変更届を怠っているケースがよくあります。この場合、50万円以下の罰金刑に処せられます。

変更届出
管理者の変更などの軽微な変更に関しては、変更後の届出となります。しかし、変更承認に該当する恐れのある物は事前に警察署と協議をしておかなければ、最悪の場合変更承認違反となり営業許可の取消処分になる恐れがありますので、変更を行おうとする場合は事前にご相談下さい。

営業の廃止
風俗営業を廃止する場合は、許可証の返納を行わなければなりません。これを怠ると返納義務違反として処罰されますのでご注意下さい。(同時に管理者証の返還も必要となります)

行政書士雨堤孝一事務所は夜12時まで電話対応可能!・大阪での風俗営業の事ならお気軽に!


SpecialLinks
会社設立手続代行大阪.com 風俗営業許可申請代行専門.com 建設業許可申請代行大阪.com 風営法の解説


Copyright (C) 2005 行政書士雨堤孝一事務所 All Right Reserved.