大阪を中心に風俗営業許可業務を行っている行政書士事務所。風営法関連の実績多数
風俗営業新規許可、管理者等の変更届出、性風俗特殊営業開始届出、飲食店営業許可等


大阪行政書士・行政書士雨堤孝一事務所・大阪市北区・業務エリア(大阪&兵庫&京都、案件によっては全国対応)風俗営業許可・十三・梅田・兎我野町・太融寺町・西中島・曽根崎・淀川


 現在のページ  行政書士雨堤孝一事務所    業務案内
                                     風俗営業許可    風営許可取得

店舗型性風俗特殊営業の種類
・1号:個室型の特殊浴場営業(ソープランド営業)
・2号:個室型ヘルス営業
・3号:ストリップ、ヌードスタジオ等の営業
・4号:ラブホテル、レンタルルームの営業
・5号:アダルトショップ等の営業
・6号:出会い系喫茶等の営業(平成23年より)

店舗型性風俗特殊営業と風俗営業許可について
店舗型性風俗特殊営業は風俗営業許可(ラウンジ、パチンコ、麻雀等)と大きく規制の内容が違っております。特に場所的規制に大きな違いがあります。通常の風俗営業許可が取得できる地域でも店舗型性風俗特殊営業は出店出来ないケースが多々あります。

規制の状況
現在、性風俗に関する規制は厳しいものとなっております。特に1号及び2号の営業に関しては新規に出店出来る地域は全国的に見ても極稀になっております。大阪、兵庫、京都等では1号及び2号、6号の新規出店は一切禁止となっております。他の3〜5号の営業に関しても保護対象施設から200M以上離さなければなりませんし、その保護対象施設の種類に関しても一般の風俗営業許可より多くなっております。

風営法改正に関して(風営法施行令改正)
風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律施行令、風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律施行規則の改正が平成23年1月1日より施行されました。
今回の改正案のポイントは「出会い系喫茶店営業」を風営法の対象に追加。
ラブホテル営業の範囲を拡大する事により類似ラブホテルを風営法の対象に追加。
の2つが大きなポイントとなります。

当事務所の取扱
行政書士雨堤孝一事務所では大阪における店舗型性風俗特殊営業の相談及び手続依頼を随時受付けております。1号及び2号、6号営業に関しては大阪府下にて新規出店は出来ませんので届出の依頼は承る事は出来ません。
当事務所では旅館業許可の業務にも精通しておりますのでラブホテルに関する相談等も承っております。

行政書士雨堤孝一事務所は夜12時まで電話対応可能!・大阪での風俗営業の事ならお気軽に!


SpecialLinks
会社設立手続代行大阪.com 風俗営業許可申請代行専門.com 建設業許可申請代行大阪.com 風営法解説


Copyright (C) 2005 行政書士雨堤孝一事務所 All Right Reserved.