大阪を中心に業務を行っている行政書士事務所。関西一円は勿論、業務によっては全国対応。
会社設立、建設業許可、古物商許可、運送業許可、旅館業許可、内容証明、車庫証明、契約書作成、相続・遺言、起業相談、代書代筆等


行政書士雨堤孝一事務所・大阪市北区西天満・業務エリア(大阪、案件によっては全国対応)建設業許可・会社設立・車庫証明・産業廃棄物許可・クーリングオフ・脱サラ起業相談 等


 現在のページ  行政書士雨堤孝一事務所    業務案内
                                     古物商許可    定義

古物とは?
「古物」とは、次の3つの物をいいます。
   ・一度使用された物品
   ・使用されない物品で使用のために取引されたもの
   ・これらいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの

許可を受けられない場合
次に該当する場合は、古物商許可を受けられません。

   @成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ないもの。(従来
      は禁治産、準禁治産と呼ばれていたもの)
   A禁錮以上の刑、又は特定の犯罪により罰金の刑に処せられ、5年
      を経過しない者
   B住居の定まらない者
   C古物営業の許可を取り消されて5年を経過しない者
   D営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者
   E法人の役員が上記@〜Cまでに掲げる事項に該当するとき
   F法定代理人が上記@〜Cまでに掲げる事項に該当するとき

ホームページで古物取引を行う場合
ホームページを利用して、古物取引を行う場合は、公安委員会(許可申請をした警察署経由)への届出が必要になります。
ホームページを開設した場合は、開設後2週間以内に届けましょう。

届出をすると、東京都公安委員会のホームページに一覧表として掲示されます。

行政書士雨堤孝一事務所は夜12時まで電話対応可能!


SpecialLinks
サムライLLP 株式会社ビジネス&リーガル 法務局.com 大阪府行政書士会


Copyright (C) 2005 行政書士雨堤孝一事務所 All Right Reserved.